カイトの遊戯空間
プロフィール
エントリー
最近のコメント
リンク
カテゴリー一覧
検索


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新環境についての考察です。



3月からの新制限で全体除去が罠に偏ったと言えます。

前環境では『同族感染ウィルス』『ブラック・ホール』『ライトニング・ボルテックス』『激流葬』『死のデッキ破壊ウィルス』の5枚が主流の全体除去でした。
それが新環境では『ライトニング・ボルテックス』『激流葬』『聖なるバリア-ミラーフォース-』『死のデッキ破壊ウィルス』の4枚が主流となると思います。

つまり、全体除去の3/4が罠に偏っているわけです。
さらに『炸裂装甲』や、次元系に採用されている『つり天井』も罠です。
ロック系のデッキにおいても、『レベル制限B地区』の制限化によって罠は重要な位置を占めています。
つまり、『王宮のお触れ』のメイン採用は前環境以上に有効な手段になったと言えます。

ただ、『王宮のお触れ』のメイン採用は新環境では野放しにされた唯一の1キルである『デビフラ1キル』に対しては非常に無防備となります。
これを解消するためにモンスター&魔法をダメージ重視にし、デビフラ抑制の構成する必要があります。
例えばモンスターは『死霊騎士デスカリバー・ナイト』『王虎ワンフー』『クリボー』、魔法は『押収』『洗脳』などが考えられます。

・・・『王宮のお触れ』の考察のつもりが、なんか違う考察になってしましましたね。(汗
スポンサーサイト

No.136 2006/03/03(Fri) 12:24
考察 | トラックバック:0 | コメント:0

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。