カイトの遊戯空間
プロフィール
エントリー
最近のコメント
リンク
カテゴリー一覧
検索


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現環境のスタンダードと言っても過言ではないと思われるサイカリバー。
今回はこのサイカリバーを本格的に考察してみた。



【基本コンセプト】
デッキ名となっている『サイバー・ドラゴン』と『死霊騎士デスカリバー・ナイト』が看板。
『死霊騎士デスカリバー・ナイト』単体では相手のターンに自分のフィールドをがら空きにしてしまう可能性が高い。
この欠点を補うのが『サイバー・ドラゴン』である。
この2枚を組み合わせることでデッキの欠点を補うだけでなく、『死霊騎士デスカリバー・ナイト』でリクルーターの壁を潰して『サイバー・ドラゴン』でダイレクトアタック可能という長所を生み出す。
さらにこの2枚との組み合わせで力を発揮するのが『魂を削る死霊』である。
『魂を削る死霊』は『死霊騎士デスカリバー・ナイト』の欠点を補うのはもちろんのこと、『サイバー・ドラゴン』とのコンビネーションで積極的にハンデスを狙うことが出来る。


【デッキの欠点】
このデッキは『サイバー・ドラゴン』と『死霊騎士デスカリバー・ナイト』を同時に並べて『死霊騎士デスカリバー・ナイト』を捨て駒にすることでダメージを効率よく与えるコンセプトが存在するが故に手札消費が激しい。
『魂を削る死霊』を壁にしたりとプレイングである程度はカバー出来るが、一進一退の接戦となった場合はなかなか難しい。
また、デッキが全体的に高攻撃力モンスターで構成されるために『死のデッキ破壊ウィルス』にも弱い。
これらの欠点を補うことがサイカリバーを扱う上で重要となる。
その為の手段をいくつか紹介します。

1.『地砕き』
サイカリバーは全体的に高攻撃力モンスターで構築されている為、コスト有り全体破壊である『ライトニング・ボルテックス』よりコストのない『地砕き』が向いている。
『激流葬』『死のデッキ破壊ウィルス』などもコスト有り全体破壊だが、これらは罠なので話は違う。

2.対『死のデッキ破壊ウィルス』
サイカリバーにおいて、壊滅的な状況に追い込まれる可能性があるのが『死のデッキ破壊ウィルス』である。
これを回避するためには『我が身を盾に』や『王宮のお触れ』などの採用が見込まれる。
『我が身を盾に』を採用する場合は可能な限り伏せてはならない。
これは基本的に『死のデッキ破壊ウィルス』は発動プレイヤーの相手のターン(つまりこちらのターン)に発動する場合が多い。
であれば、伏せてサイクロンなどで除去される危険性にさらすべきではないといえる。
『王宮のお触れ』を入れる場合、『炸裂装甲』などの罠が使えなくなる為、相手ターンに無防備になり易いので速攻魔法を多めに入れるべきである。
入れる速攻魔法は『月の書』『収縮』『エネミー・コントローラー』の3種となるだろう。
また、『キラー・トマト』『ホルスの黒炎竜LV6』『サイレント・ソードマンLV5』を採用して場の維持に努めるのも有効である。


【デッキ亜種】
1.サイカリガジェ(ガジェカリバー)
このタイプはガジェットでデッキ圧縮と手札増強を行い、安定したデュエルを展開することを目的としている。
ただ、私にはガジェットの亜種といった印象が強く、ガジェットが浮いて見えるのは気のせいだろうか?(汗
ガジェットのデッキ圧縮能力で強力な力を発揮するが、通常のサイカリバーよりホルスロックに弱そうでもある。

2.サイカリトマト
サイカリバーに『キラー・トマト』を採用したタイプ。
『魂を削る死霊』に繋げることが出来るため、フィールドをより確実に維持すると同時に手札の温存にも繋がる。

3.サイカリカオス
『シャインエンジェル』など光属性モンスターを増量し、『カオス・ソーサラー』を2~3枚積み込んだタイプ。
『カオス・ソーサラー』がホルスロックに対する耐性をよりアップさせている。


【デッキサンプル】
今回はサイカリバーの亜種、サイカリトマトをデッキサンプルとして紹介します。

◆サイカリトマト
<上級 5枚>
カオス・ソーサラー
サイレント・ソードマンLV5
サイバー・ドラゴン×3
<下級 15枚>
D.D.アサイラント
死霊騎士デスカリバー・ナイト×3
魔導戦士ブレイカー
異次元の女戦士
キラー・トマト×2
ならず者傭兵部隊
クリッター
お注射天使リリー
聖なる魔術師
魂を削る死霊×3
<魔法 17枚>
天使の施し
貪欲な壺
押収
早すぎた埋葬
地砕き×3
抹殺の使徒×2
光の護封剣
強奪
大嵐
サイクロン
月の書
収縮×2
エネミー・コントローラー
<罠 3枚>
王宮のお触れ×3
<合計 40枚>


【今後の展開】
サイカリバーに『ホルスの黒炎竜LV6』を採用する方を良く見受ける。
私も採用したことがあるが、通常のホルスロックよりも『ホルスの黒炎竜LV8』に進化できる場面が多いように感じる。
サイカリホルス。実はかなり強いんじゃないだろうか?
スポンサーサイト

No.144 2006/03/25(Sat) 22:35
デッキ考察 | トラックバック:0 | コメント:5

[この記事へのコメント]
たぬき[URL]
サイカリガジェにサイカリトマト! どちらも思いつきませんでしたぬ。てゆーかこちらではあまり見ないタイプです。サイカリカオスなら少し見ますが。デスカリの天罰能力とソーサラーの除外能力がうざかったよーな。完。
No.248 2006/03/25(Sat) 23:37[編集]

潮土器[URL]
初コメントさせていただきます。
たしかにサイカリホルスは強いのですが、『ホルスの黒炎竜LV8』の効果はチェーンにのる効果なので『死霊騎士デスカリバー・ナイト』が自分の場にいるときに発動すると2体とも破壊されてしまうので注意が必要ですよ
No.249 2006/03/25(Sat) 23:52[編集]

霧島カイト[URL]
たぬきさん>
実はサイカリトマトは過去記事(トマハン黄泉帝)で登場してたりしますよ。
サイカリガジェにサイカリトマト。
実はリアルでは私も見たことはありません。(汗
けど、強いのは確かなので大会で試してみてはいかがですか?

潮土器さん>
コメント、ありがとうございます。
デスカリ誤爆の指摘ですが、誤爆回避はサイカリの基本プレイングなんで大した問題でもないんじゃないかなと思うんですよ。
ホルスLV8が場にいればデスカリの出番なんて無いと思いますし。
とか偉そうに言いつつ、月読命でデスカリ誤爆をやらかしたりしたことがあるんですが。(苦笑

No.250 2006/03/26(Sun) 00:24[編集]

潮土器[URL]
カイトさん>
よく考えればそうですね。
私のサイカリの基本プレイングが特別に弱いからホルスと合わないだけかもしれません(笑

No.251 2006/03/26(Sun) 21:02[編集]

霧島カイト[URL]
潮土器さん>
まあ、カード単体では相性が悪いのは確かですね。
進化出来ないって場面も多いかもしれませんし。
ただ、こればっかりは実際に回してみないと分からないですからね。

No.252 2006/03/26(Sun) 21:05[編集]

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。