カイトの遊戯空間
プロフィール
エントリー
最近のコメント
リンク
カテゴリー一覧
検索


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前々から作ってみようよ思いつつ作っていないデッキを今回は紹介します。
今回は『エクトプラズマー』を主力にした『霊魂抽出』です。

エクトプラズマー
永続魔法
各プレイヤーは、自分のターンのエンドフェイズ時に、自分フィールド上に存在する表側表示のモンスターを生贄に捧げ、生贄に捧げたモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを与える永続魔法。


エクトプラズマー』には専用のコンボカードが存在します。
その専用カードとは『執念のキラードール』です。

執念のキラードール
闇属性 ☆4 悪魔族 攻:1500 守:1700
このカードが永続魔法の効果で墓地に送られた場合、自分スタンバイフェイズに墓地から特殊召喚する。

このカードが1枚存在するだけで『エクトプラズマー』のコストをカバーできてしまうのです。
しかも、次のスタンバイフェイズに戻ってくるので上級モンスターの生贄に困ることはありません。
しかし、生贄に困らなくとも、せっかく召喚した上級モンスターがエンドフェイズに飛んでいってしまっては意味がありません。
そこでデッキに入れる上級モンスターは『ホルスの黒炎竜LV6』か『守護者スフィンクス』のどちらかになります。
相手のモンスターは『エクトプラズマー』で除去できるので『ホルスの黒炎竜LV6』を選択するのがベストと言えるでしょう。

ホルスの黒炎竜LV6
炎属性 ☆6 ドラゴン族 攻:2300 守:1600
このカードは表側表示で存在する限り、魔法の効果を受けない。

エクトプラズマー』の効果でこちらのライフも削られてしまいます。
そこで、『エクトプラズマー』でガラ空きになったところを『不死之炎鳥』でダイレクトを決めて回復を図ります。
不死之炎鳥』はスピリットモンスターなので『エクトプラズマー』で墓地に送られてしまうということはありません。

不死之炎鳥
炎属性 ☆4 鳥獣族 攻:1200 守:0
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、その数値だけ自分のライフポイントが回復する。

ここで考えられる相手の対抗手段に『スケープゴート』が存在します。
羊トークン』を生贄にして、その間に戦線を築くというものです。
そこで、この『羊トークン』を一掃するために『阿修羅』で対抗します。

阿修羅
光属性 ☆4 天使族 攻撃:1700 守:1200
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。

阿修羅』はスピリットモンスターなので『エクトプラズマー』の心配をする必要がありません。
一気に『羊トークン』を殲滅し、『エクトプラズマー』で相手の戦線を崩してしまいましょう。

このデッキのキーカードは永続魔法である『エクトプラズマー』です。
デッキの特性上、『大嵐』を入れるのは避けた方がいいでしょう。
しかし、『大嵐』がなければ相手の伏せが怖いのも確かです。
そこで、考えられるのが『イナゴの軍勢』です。

イナゴの軍勢
闇属性 ☆3 昆虫族 攻:1000 守:500
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を破壊する。

しかし、『イナゴの軍勢』の攻守は低いため、このままでは効果発動前に除去されてしまいます。
そこで、相手の攻撃を封じる『平和の使者』を投入します。
レベル制限B地区』や『グラビティ・バインド』でもいいのですが、あれらは『不死之炎鳥』が攻撃できなくなります。
光の護封壁』というチョイスもありますが、『サイコ・ショッカー』や『王宮のお触れ』などに対して弱いのが少々ネックです。

また、『イナゴの軍勢』や『クリッター』を生贄に『死のデッキ破壊ウィルス』を発動させ、『氷帝メビウス』や『魔導戦士ブレイカー』などを落としたいところです。

これらを踏まえた上でサンプルデッキを紹介します。

<上級 3枚>
ホルスの黒炎竜LV6×3
<下級 14枚>
阿修羅/魔導戦士ブレイカー/同族感染ウィルス
執念のキラードール×3/不死之炎鳥/ならず者傭兵部隊
クリッター/イナゴの軍勢×2/ステルスバード/聖なる魔術師
キラー・スネーク
<魔法 16枚>
強欲な壺/天使の施し/いたずら好きな双子悪魔/早すぎた埋葬
サイクロン/強奪/洗脳/光の護封剣/ライトニング・ボルテックス
抹殺の使徒×2/エクトプラズマー×3/平和の使者×2
<罠 7枚>
死のデッキ破壊ウィルス/破壊輪/マジックジャマー×2
ミラーフォース/リビングデッドの呼び声/ホーリーライフバリアー
<合計 40枚>
スポンサーサイト

No.15 2005/04/18(Mon) 16:56
デッキ考察 | トラックバック:0 | コメント:3

[この記事へのコメント]
たぬき[URL]
聖なる輝きを貼れば、相手モンを完全に除去できそうなので、そういうデッキにしてもいいかもしれませんね。また、相手からの霊魂ダメージは痛魂の呪術で返してあげるのも面白かも。完。
No.11 2005/04/18(Mon) 17:24[編集]

[]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No.12 2005/04/20(Wed) 11:31[編集]

カイト[URL]
たぬきさん>
聖なる輝きを張っちゃうとイナゴが裏に出来ないっす。
痛魂の呪術で霊魂の効果は返せないっす。

あと、霊魂はプレイヤー対象の永続魔法でホルス&霊魂は出来ないのではとの御指摘がありました。
しかし、ホルスが出来ないとなると殺人人形も出来なくなってしまうのではないかと・・・。
殺人人形は明らかに霊魂を意識して作られたカード。
殺人人形がダメという回答を事務局がするとは思えないし、殺人人形が可能ならホルスも可能になるかと。
殺人人形はOKでホルスはNGという、事務局のオモシロ珍回答もありえるので確認の必要ありですね。
スフィンクス系やスピリットなら問題ないので、デッキを作るならそちらの方がルール上は手堅いとだけ今は言っておきます。
No.13 2005/04/20(Wed) 13:27[編集]

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。