カイトの遊戯空間
プロフィール
エントリー
最近のコメント
リンク
カテゴリー一覧
検索


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回のガジェットの考察からかなり空いてしまいました。orz
今回は『帝コントロール』について考察します。



【デッキコンセプト】
『雷帝ザボルグ』『氷帝メビウス』『炎帝テスタロス』『地帝グランマーグ』の4種の帝の名を冠する上級モンスターを次々に召喚してデュエルを制するデッキ。
上級ならではの打点の高さと生贄召喚時に発揮されるさまざまな効果が魅力である。


【デッキの欠点】
デッキの大半が攻撃力が1500を越えるので非常に『死のデッキ破壊ウィルス』に弱い。
また、多くの生贄を必要とするデッキなのでモンスター除去カードが豊富なデッキには苦戦を強いられる。


【帝モンスターの強さ】
帝モンスターのチョイスで気になるのが各帝の強さ。
私は以下のように考える。

1位 氷帝メビウス
1位 雷帝ザボルグ
3位 炎帝テスタロス
4位 地帝グランマーグ

『氷帝メビウス』と『雷帝ザボルグ』は優劣つけ難いので両方とも1位。
『氷帝メビウス』は2枚破壊と『雷帝ザボルグ』の上をいっているように見えるが、実際はチェーンされたりする。
『炎帝テスタロス』『地帝グランマーグ』に関しては逆だと思う人は多いだろう。
しかし、私は『炎帝テスタロス』が上だと考える。
なぜなら、フィールドは『氷帝メビウス』と『雷帝ザボルグ』の2種で十分制圧できるからである。
そこへアドが取れないどころか損をする可能性の高い『地帝グランマーグ』を入れる意味は薄い。
それよりも『氷帝メビウス』と『雷帝ザボルグ』でカバーできない相手の手札に干渉する『炎帝テスタロス』で相手の強奪などを消した方が良いと言える。


【デッキ亜種】
帝コントロールはその生贄に捧げるモンスターの確保の手段によって様々な亜種が存在する。

1.帝ガジェット
ガジェットの能力を活かすことで帝の手札への供給と生贄確保を行うデッキ。

2.次元帝
『次元の裂け目』『マクロコスモス』で『異次元の生還者』『異次元の偵察機』を除外させることで生贄を確保するデッキ。
『次元の裂け目』『マクロコスモス』が破壊されない限り場にモンスターが途切れることはまず無いので防御能力は高い。
『原始太陽ヘリオス』を投入したタイプも存在する。
ただ、通常の帝コントロール以上にコンボ要素が大きいので事故率も高めである。

3.黄泉帝、獅子帝
『黄泉ガエル』を用いるのが黄泉帝、『ダンディライオン』を用いるのが獅子帝。
どちらも単体で生贄確保が可能なので事故率は低め。
ただし、制限改定で両方とも1枚制限になってしまったので他の亜種のサポートが妥当となってしまった。

4.クリボー帝
『ハネクリボー』『クリボー』を『クリボーを呼ぶ笛』で場にサーチしてきて帝モンスターの生贄にするデッキ。
『王宮のお触れ』を張りつつも、デビフラ1キルに対して耐性を持つ。
ただ、通常の帝よりもやはりコンボ要素が高いので事故が少々怖い。


【デッキサンプル】
最後に帝デッキの基本形をサンプルとして紹介します。
各種亜種に関しては独自で考えてください。

◆帝コントロール基本型(9帝)
<上級 12枚>
3 《氷帝メビウス》
3 《雷帝ザボルグ》
3 《炎帝テスタロス》
3 《サイバー・ドラゴン》
<下級 10枚>
1 《魔導戦士ブレイカー》
1 《異次元の女戦士》
1 《クリッター》
2 《墓守の偵察者》
1 《マシュマロン》
3 《魂を削る死霊》
1 《ダンディライオン》
<魔法 13枚>
1 《天使の施し》
1 《貪欲な壺》
1 《早すぎた埋葬》
1 《強奪》
3 《洗脳》
1 《光の護封剣》
3 《クロス・ソウル》
1 《大嵐》
1 《サイクロン》
<罠 5枚>
3 《王宮のお触れ》
1 《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1 《リビングデッドの呼び声》
スポンサーサイト

No.157 2006/04/19(Wed) 14:43
デッキ考察 | トラックバック:0 | コメント:0

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。