カイトの遊戯空間
プロフィール
エントリー
最近のコメント
リンク
カテゴリー一覧
検索


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とうとう3月の新制限が発表されました。
新制限発表に伴い、こちらでも新基軸デッキを発表します。
といっても、知り合いが作ったのを勝手にパクって発表しただけなんですが。w

最初、原案を聞いた時点では「そんなん回るんか?」と思ったのですが、実際に相手をしてみると意外に強かったので当方でも独自に作ってみました。


<上級 1枚>
1《森の番人グリーン・バブーン》
<下級 18枚>
3《怒れる類人猿》
2《賢者ケイローン》
3《墓守の司令官》
2《キラー・トマト》
3《素早いモモンガ》
1《クリッター》
2《不幸を告げる黒猫》
2《幻影の壁》
<魔法 12枚>
1《封印の黄金櫃》
1《押収》
3《地砕き》
1《サイクロン》
3《王家の眠る谷-ネクロバレー》
3《収縮》
<罠 9枚>
1《激流葬》
3《スキルドレイン》
1《死のデッキ破壊ウイルス》
1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1《マインドクラッシュ》
2《マジックジャマー》
<合計 40枚>


デッキの理想的な流れとしては、《墓守の司令官》で《王家の眠る谷-ネクロバレー》をサーチして墓地封印。
その後、《不幸を告げる黒猫》の効果により《スキルドレイン》を手札に。
同時に《不幸を告げる黒猫》が戦闘破壊されて《森の番人グリーン・バブーン》を特殊召喚です。

あと、《不幸を告げる黒猫》による《死のデッキ破壊ウイルス》の高速サーチが可能なので《幻影の壁》を採用。
《幻影の壁》は《D-HERO ディフェンドガイ》でもOK。

まあ、「こんなデッキが本当に回るんか?」と思われるでしょうが一度お試しあれ。
スポンサーサイト

No.233 2007/02/19(Mon) 00:58
デッキ考察 | トラックバック:0 | コメント:0

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。