カイトの遊戯空間
プロフィール
エントリー
最近のコメント
リンク
カテゴリー一覧
検索


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えー。非常に残念なことに、早くもデッキ考察は最終回を迎えました。(嘘)
今回、紹介するデッキは『最終突撃命令デッキ』です。
圧倒的な火力をもって相手を粉砕する気分爽快のデッキです。


まずは軸となる『最終突撃命令』について紹介します。

最終突撃命令フィールド上の表側表示のモンスターを強制的に攻撃表示にするというこのデッキのキーカード。
裏守備でセットしようが、ダメージ計算時には表側表示になるので表側攻撃表示でのダメージ計算を免れないという極悪さ。
これを利用して『ゴブリン突撃部隊を裏守備で出して返り討ち』という楽しいコンボが可能です。
裏守備モンスターは表側攻撃表示でダメージ計算しなくて良い』と勘違いしている人が多いので注意が必要。

最終突撃命令』の特性を考えるとデッキは自然と決まってきます。
そう。守備を考えない蝶・攻撃デッキw
主力は『ゴブリン突撃部隊』『ジャイアント・オーク』『魂を喰らう者 バズー』です。
一気に相手のモンスターとライフを削るために『阿修羅』を1枚入れておくと良いでしょう。
もちろん、殴るための的を強制的に準備できる『おジャマトリオ』も欲しいところです。

このデッキの弱点は3つあります。

1つ目は『死のデッキ破壊ウィルス』です。
これが発動してしまうとこちらのモンスターは全滅です。
お触れが使えないので『我が身を盾に』などで守る必要があります。

2つ目は相手により攻撃力の高いモンスターを場に出された場合です。
攻撃力の高さで優位に立つこのデッキが攻撃力で優位に立たれるということは死刑宣告をされているようなものです。
強制転移』などで相手のモンスターを奪ってしまいましょう。

3つ目はロックデッキです。
攻撃力ばかりのこのデッキで攻撃を封じられるというのは牙をむがれるということです。
このデッキを始めて作った時は『ハーピィの羽根帚』も使え、『サイクロン』も制限などかかっていませんでした。
現環境では『氷帝メビウス』『賢者ケイローン』『魔導戦士ブレイカー』『大嵐』『サイクロン』『ハリケーン』などで確実に消していく必要があります。

これらを考慮して考えたサンプルデッキを紹介します。

<上級 3枚>
氷帝メビウス/偉大魔獣 ガーゼット×2
<下級 14枚>
ゴブリン突撃部隊×3/ジャイアント・オーク×2/賢者ケイローン
阿修羅/リフレクト・バウンダー/D.D.アサイラント×2
魔導戦士ブレイカー/同族感染ウィルス/ならず者傭兵部隊
キラー・スネーク
<魔法 16枚>
強欲な壺/天使の施し/いたずら好きな双子悪魔/早すぎた埋葬
ライトニング・ボルテックス/抹殺の使徒×2/大嵐/サイクロン
強奪/洗脳/強制転移×2/光の護封剣/我が身を盾に×2
<罠 9枚>
死霊ゾーマ×2/最終突撃命令×3/破壊輪/ミラーフォース
激流葬/リビングデッドの呼び声
<合計 42枚>
スポンサーサイト

No.8 2005/03/29(Tue) 13:49
デッキ考察 | トラックバック:0 | コメント:0

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。